息ある限り希望を持つ

日常や思ったことを淡々と書く

平成29年11月29日 13時41分

こんにちは。実家に引っ越して1週間が経ちました。

 

今日は休みです。午前中は用事があったからよかったけど、

 

今、すげぇヒマ。

 

眠たいから寝ようと思ったけど、なかなか寝付けないので、

 

起きた。今すごくヒマでイライラしてるw

 

軽躁かな?

 

もう、何処かに行きたくて仕方ない。

 

なんかジッとしてられないんですよねぇ。

 

客が来るから、家にいなきゃいけないんだけど、しんどいわ。

 

この1週間はぎっくり腰に悩まされ、困ったもんだ。

 

コルセットしないと腰が痛くなるし、コルセットしてると腹を下すし、

 

微妙!

 

まぁそのうち治るっしょw

 

まぁヒマなんでブログでも書いて時間を過ごそうかと思った。

 

今日は、まぁね。実家にいるもんだから、普段と勝手が違うんで、

 

慣れていかないといけないんですが、まぁアパートよりは全然快適。

 

ヒマでイライラは仕方ない。障害だから。

 

それなりに探せばやることありそうなんで、探してみるけど、

 

とりあえず2年前とは違うので、なんかねどう過ごして良いかわからんw

 

2年前の話をしようかな。

 

2年前は入院真っ最中で、閉鎖病棟に閉じ込められ、不自由でしんどい(今思えば)生活を送ってました。

 

もうねアルコール依存症で、気が狂っていて、そこから回復するのは茨の道だったと思う。

 

アルコールの影響が抜け出て来て、回復を感じ始めた時期だったかな。

 

やっぱね、アルコール依存症で悩んでる人に言いたい。

 

本気で酒やめたいなら、アルコール病院に入院するのオススメする。

 

日常生活で断酒しようっていうきっかけはなかなかないと思うし、気合と根性だけじゃ断酒はできない。

 

入院して、アルコール依存症の治療プログラムを受けて、依存症の勉強して、自分に向き合って…。

 

俺は入院してそれらをこなしたことで、今の生活を、人生を取り戻した。

 

意識改革って人生で何回かしないと人間成長しない。

 

俺の場合はアルコール依存症でひどい時は8割くらい人生投げ捨ててた。

 

生きていようが、死のうがどうでもよかった。

 

でも、どっかで気が変わったんだろうね。

 

あっ病院行かなきゃってなって、入院した頃はどん底だったから、生きるか死ぬかの選択を迫られていた。

 

やっぱ死ぬの嫌だったんだな。たぶん無意識で病院に行ってた気がする。

 

入院した日も酔っ払ってたし、なんかどうしようもなかった。

 

あんま覚えてないけど、とりあえず入院は自分の意思だと思うけど、その後の流れは成り行きに任せようと思った。

 

とりあえず3ヶ月みっちり入院して、体治して、退院先は実家以外っていう骨組みは立てて、あとは先生にお任せ。

 

治療に対しては先生だけの一方通行じゃダメなので、治療に積極的に参加した。

 

やるべきことをしっかりやって、依存症治療のためになるならいろんなものを試した。

 

今でも残ってるんだけど、入院してたころ、1週間のことをWordでまとめてたんだよね。

 

プリントアウトしてファイリングしてあるんだけど、読み返して見たら結構いかに回復したかって言う経過を思い出して、あぁ確実に2年前とは違うなぁって感じた。

 

その頃からものを書くって言う作業が好きになった。

 

キーボードカチカチ叩いてるの好きだし、何かを表現したいって言う願望は強いし、まさにブログはこれらを叶えてくれるツールだと思う。

 

変に考えずに、思ってることを画面に出すことで、なんか癒されるんだよね。

 

でもブログに関しては書きっぱなし。

 

だからコメント欄はオフにしてる。

 

まぁ話が脱線したが、俺にとって断酒が今でも続いている秘訣は多分、セルフモニタリング、セルフマネジメントのスキルを学校とかで学んだのが大きかった。

 

今でも診察の時は診察と診察の間のことをA4の紙1枚くらいでまとめて主治医に見せてる。

 

これは最初口頭だと言いたいことが伝わらないんじゃないかと思って始めたんだけど、今ではセルフモニタリングになってる。

 

自分の状態、酒に対する考え方・思ったこと、断酒会の話などを書いてるが、結構正直に書いてるから、作成してる時はすげぇスッキリする。

 

まぁ金払って診察を受けてるから、みっちり診察してもらわないとw

 

自分にとってはもの書きがいい治療になってる。

 

あぁまとまらないからこんぐらいにしよう。

 

おわり。