息ある限り希望を持つ

日常や思ったことを淡々と書く

壁期

こんにちは。今日は断酒の勉強をして過ごしています。

依存症治療の本によると、俺は今5つの回復段階

ステージ①緊張期(0日~14日)
ステージ②ハネムーン期(15日~90日)
ステージ③『壁』期(91日~180日)
ステージ④適応期(181日~270日)
ステージ⑤解決期(271日~365日)
※入院中の断酒はカウントに入れず。

のうちステージ③『壁』期に差し掛かっていることがわかった。

酒をやめられていることが嬉しく感じて心や体が良い気分でいられる時期を過ぎ、壁にぶつかるつらい時期がやってきています。

個人的には辛いことはなにもないんですが、この時期の特徴としては「退屈さ」があって酒を飲んでる頃の楽しい思い出を思いだすことが多いとのこと。

これもあまりないな。夢は見るけど。飲みたいとは思わない。

思い出が懐かしくて、飲酒に対する強い欲求が出ると言われているが、これもない。

説明するんが面倒なので、SMARPPをAmazonで検索してください(笑)

要は飲酒に対する欲求が強く出やすくて、退屈なときは特に気をつけようということで、

ここ最近は退屈をなくすように色々やっています。

依存症の勉強したり、モノを書いたり。

今日は気分が高まり勉強欲が高かったので、依存症の勉強をした。

たまたま読んでいたページがこの壁期の話だったので自分はどうかと当てはめてみたら、

絶賛壁期まっただ中(笑)

なので本をよく読んで、勉強しました。

気分が良いのでいつも行ってる断酒会にプラスしてAA に行ってみようと思いました。

日常は適当でも、断酒に関しては本気モード全開。

単純に元医療従事者で医療関係の本は読むのが好きだし、勉強になるからね。

夏で、壁期で、誘惑が多いので、シアナマイド飲んで、断酒会行って、通院しての基本を守って夏を過ごしたいです。

 

 

SMARPP-24 物質使用障害治療プログラム

SMARPP-24 物質使用障害治療プログラム